サイトへ戻る

食欲をコントロールするには?

小倉南区パーソナルジムLiv 

パーソナルトレーナーの坂本です。

今回はダイエットの大敵であり、太ってしまう原因に必ず挙げられる

『食欲』についてです。

Private Gym Livにダイエット目的でご来館されるお客様の多くが普段の生活習慣が原因です。

特に、食生活の乱れが原因の方が多いです。

 

 

どうすれば食欲をコントロールできるのか、ご紹介致します!ぜひ、参考にしてダイエット生活に活かして行きましょう。

 

 

食欲をコントロールする方法とは?

食欲のコントロールは

脳の摂食中枢(空腹中枢)満腹中枢

と呼ばれる2箇所で行われ、食欲を抑制するレプチンと食欲を増進するグレリン

というホルモンが食欲をコントロールしています。

レプチン

食欲を抑制するホルモンであるレプチンは、摂食による血糖値の上昇で脂肪細胞が刺激され、分泌されます。

その分泌されたレプチンは、満腹中枢にあるレプチン受容体(レセプター)に働きかけ、食欲を抑制します。

また、レプチンは交感神経にも作用し、脂肪の蓄積を抑え、エネルギー消費を促す働きもあります。

グレリン

食欲を増進させるホルモンであるグレリンは五感の刺激により、大脳を経由して胃から分泌されます。

その分泌されたグレリンは迷走神経を経由し、摂食中枢(空腹中枢)が刺激され、食欲に繋がります。

レプチンとグレリン。この2つのホルモンのコントロールが重要です。

レプチンの分泌を上昇させる

レプチンは脂肪細胞に蓄えられており、摂取カロリーと消費カロリーのバランスを取ってくれます。

レプチンの分泌を上昇させるには

1,ジャンクフードをやめて、野菜、フルーツを摂取する。

2,適度な運動をする。

3,タンパク質(肉・魚・乳製品など)をしっかり摂取する。

4,睡眠をしっかりとる。

この4つを意識した生活を送りましょう。

グレリンの分泌を抑える

グレリンは胃から分泌され分泌量が増加することで脳は空腹を知らせるシグナルを送ります。

グレリンを抑えるには

1,筋トレなど、『成長ホルモン』が出る運動をする。

2,オリゴ糖をしっかり摂取する。

3,タンパク質類をしっかりと摂取する。

4,糖質(穀物や果物など)を減らし、脂質(肉・魚など)を増やす。

この4つを意識した生活を送りましょう。

最後に

以上が食欲のコントロール方法になります。

Private Gym Livではマンツーマンのパーソナルトレーニングはもちろん、毎食の食事指導も徹底して行っております。

一人では食事の管理が難しい、様々なダイエット法に悩まされている方は、ぜひ1度お問い合わせください。

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK